秋も徐々に深まり、からっと気持ちの良い日も増えてきました。

その反面、空気の乾燥は、色々なウイルスにかかりやすくなると言う心配もあり、スタジオに新しい加湿器を購入しました。

白いシンプルな物でそれなりに気に入っていましたが…

ある日、ふと見るとその加湿器が機関車トーマスに変身していました。

 

 

ボタンで加湿量を切り換えると、トーマス君の蒸気が多くなったり少なくなったりします。

子供の生徒は、直ぐに「トーマスだ」と反応してくれました。

大人世代の生徒さんは、「機関車やえもんだ」と言って、トーマスの様な日本の童話が、子供の頃の教科書にあったと言うお話をして下さいました。

仕掛け人の我が夫は、生徒さんの反応に、とっても満足している事でしょう。

走れトーマス

みんなの健康のために

みんなの夢を乗せて

社交ダンス教室 葵ダンススタジオ