ハロウィーンも終わり、これから本格的に秋らしくなる季節となりました。

朝晩の冷え込みで、久屋大通りや、その北の端の外堀通りの木々の葉が、日ごとに染まってゆくのを、通勤途中あちらこちらに見付ける事が、この時期の私の楽しみです。

 

クリーム色の丸い葉(カツラでしょうか)、枝先が、真っ赤になり始めた細長い葉のハゼノキ、もう赤い実を付けているハナミズキ等々…

耳を澄ませば小鳥達の鳴き声も、いつしか秋のそれに変わっています。

11月は、一年の内で最も美しく、人の感性を揺さぶる深い意味のある月だと思います。